最新情報大会・試合結果ブログ投擲ブロックブログ

【投擲】日本インカレ結果報告

こんにちは。投擲ブロック4年の羽生田です。

本日は9/11~13に新潟・ビックスワンスタジアムで行われた第89回日本インカレでの投擲ブロックの結果をご報告します。

◇男子やり投

池川博史(体育4) 58m52 15位

奥田大樹(体育4) 62m00 13位

杉山駿介(体育3) 65m52 7位

写真上から池川、奥田、杉山

 

◇男子円盤投

髙橋史門(体育4) 47m21 8位

 

◇男子砲丸投

羽生田智(体育4) 14m22 18位

松田貫汰(体育2) 14m37 16位

写真上から羽生田、松田

 

◇男子ハンマー投

岩田知大(M1) NM

小林裕季(体育3) 57m78 14位

写真上から岩田、小林

◇女子やり投

黒住莉那(M1) 44m21 17位

桑添友花(体育4) 52m68 5位

兵藤秋穂(体育3) 50m41 9位

写真上から黒住、桑添、兵藤

 

◇女子円盤投

半田水晶(M1) 48m31 2位

アヒンバレティナ(体育3) 44m00 8位

小松真琴(体育2) 40m33 14位

写真上から半田、アヒンバレ、小松

 

◇女子砲丸投

アヒンバレティナ(体育3) 13m45 8位

西山藍那(体育1) 11m07 19位

写真上からアヒンバレ、西山

 

◇女子ハンマー投

真鍋綾萌(体育2) 53m48 11位

渡邉ももこ(体育2) 58m44 2位

写真上から、真鍋、渡邉

 

以上になります。

私たち筑波大学におきましても、新型コロナウイルスが蔓延し緊急事態宣言が発令された当初は皆で自粛を心がけ、3ヶ月間ほどは全く練習ができない状態で過ごし、その後活動が再開してもウイルス対策を徹底するための制限が多く、練習環境は万全とは言い難いものでした。そんな中でも選手たちはできうる限り最大限の準備をして本大会に臨みましたが、やはり結果については出場選手の多くが満足できていないと思います。

ですが、結果よりもまずは本大会に出場できたことに感謝を申し上げたいと思います。新潟陸協の皆様を始めとし、筑波大学が大会に参加できるよう奔走してくださった先生方、全ての大会関係者の皆様にお礼申し上げます。私たちに貴重なチャンスを下さり、ありがとうございました。

昨今ではウイルス以外にも様々な問題がありますが、我々筑波大学陸上競技部はそういった社会情勢・時流を考慮したうえで、学生スポーツの価値を信じ、すべての学生アスリートの模範となるような姿勢を示していきたいと考えております。今後とも競技部全員で励んで参りますので、何卒よろしくお願いします。

 

文責:投擲ブロック4年 羽生田智