最新情報ブログ十人桐色

【十人桐色】#18 リレー対談第3弾!

皆さんこんにちは!今回の対談を担当します、投擲ブロック3年の渡邉ももこです。今回は私の他にも投擲ブロック2年の杉岡瞭磨と中長距離ブロック2年の兵藤柚花が担当しています。

今回は「リレー対談」の第3弾です!

リレー対談とは、前回の対談選手からの推薦で新たにバトンを受け継いだ6名の選手による対談を行う企画です!学年やブロックもバラバラな選手同士で対談を行いました。

 

今回のピックアップ選手は以下の6名です!

森山敦喜(長距離4年)

髙橋秀徳(投擲3年)

内田萌奈(投擲2年)

渡邊夏鈴(跳躍2年)

佐藤大洋(短距離2年)

大塚陸渡(長距離2年)

今回のテーマは「新年度の始まり」です。

4月も、もう終わりに近づいてきました。学年が1つ上がって、授業やシーズンも始まり、色々な意味で4月は「始まりの月」です。

そこでシーズンに向けての意気込みや学年が上がって感じること、競技以外で挑戦しようと思っていることなどをテーマに、新年度のスタートに相応しい対談を行いました。

是非、ご一読ください!

 

内田萌奈 (うちだもな)

所属:体育専門学群2年

出身:埼玉県・西武台千葉高校

専門:やり投げ

渡邊夏鈴 (わたなべかりん)

所属:体育専門学群2年

出身:北海道・帯広三条高校

専門:走幅跳

邉ももこ×田萌奈×邊夏鈴

渡邉も今回の対談よろしくお願いします!まずは4月から1つ学年が上がったと思うんだけど、それによって感じることを教えてほしいです!

渡邊夏)筑波大学陸上競技部の一員だということが昨年と比べて強く感じるようになりました。去年はコロナで入学式もなければ筑波に来たのも8月半ばぐらいで「今日から筑波大学生として頑張るぞ!」みたいな区切りみたいなのがなく、大会とかも皆で行ったりしてなくて。競技部の一員だと強く感じたのがこの4月の区切りの時期だったなって感じました。

渡邉も)確かにな!例年だったら関東インカレとか日本インカレとか集団応援とかあって、そこで競技部の一員でやってるんだなって感じたわ。そこで先輩たちの名前とかも覚えたかもしれない!今年はそういうの出来なかったしね・・。萌奈はどう思う?

内田)余裕を持ちたいです!今までは、同期意外全員先輩で自分が練習に集中していても部としてというか投擲ブロックが成り立ってたのですが、学年が上がって今までのように自分のことだけやっていたら、後輩にも先輩にも同期にも迷惑をかけてしまうし、余裕なかったら1年生に伝えるべきこととか、2年生としてやるべきこととかに意識が向きづらくなってしまうのかなって感じます。自分自身余裕を持って日々の行動が出来ていないので、学年が上がったこのタイミングで余裕のある行動をとっていきたいなと思います!
先輩方とか余裕があって後輩の面倒も見てくれているので・・(笑)

渡邉も)確かに。私も練習でよく余裕がなくなっちゃって周り見れなくなったりしちゃうから、ダメだなってよく反省する(笑)
次!今年度競技以外で挑戦したい事!

内田)自炊ですね!!!!なんか料理するぞってなった時に限って外食誘われて、そっちに行っちゃいますね(笑)外食の方が美味しいし、ご飯作ってそれで満足して食べるまでいかないです(笑)

渡邊夏)自分の食べたいもの作ったら?何か食べたいものないの?

内田)ハンバーグかな・・・。今度夏鈴ちゃんのとこ教わりに行きます!

渡邉も)あり!じゃあ私も行く!皆で自炊パートしよう!(笑)
じゃあラスト!今シーズンの目標!

渡邊夏)私は、昨シーズンは怪我で試合に出れなかったので1年ぶりの自己ベストを更新したいです!

渡邉も)そっか・・。怪我してたんだね。じゃあ、去年コロナとか怪我で結構きつかったんじゃない?

渡邊夏)そうですね。でも、陸上部を中心として相談に乗ってくれた人がいたのでその人達のおかげですごい助かりました。

内田)自分も冬季怪我したときに、周りの人が「怪我してるから可哀そうだね」とかじゃなくて、いろんなパート関係なく自分でも出来る練習とかに誘ってくれたりして声かけてくれてすごく助かりました。やり投げが専門だけどやり投げばかりに囚われない環境を先輩方がつくってくださったのは、すごくありがたかったです。

渡邉も)周りの人って大事だね!もしも誰かが怪我したら次は自分たちが声かけてあげれるようになりたいね!それこそ萌奈との話じゃないけど、余裕がないと気づけなかったりするよね!

内田)自分は両インカレで入賞したいです!日本インカレの方はまだB標準しか切れていないのでA標準切っておきたいですね。

渡邉も)そうだね!じゃあ、今回の対談ありがとうございました!
また3人で頑張ろう!!


 

森山敦喜 (もりやまあつゆき)

所属:理工学群4年

出身:東京都・都立駒場高等学校

専門:5000m、10000m

 

佐藤大洋 (さとうたいよう)

所属:体育専門学群2年

出身:香川県・高松高校

専門:100m

 

岡瞭磨×山敦喜×藤大洋

杉岡)それでは始めさせていただきます。大洋は海外旅行に行ってみたいって言ってたけど、それについて教えてもらっていい?

佐藤)お金とかコロナが大丈夫であれば、今行きたいのは東南アジアのディープなところに行ってみたいかな、なんかおもろそうやなって。

杉岡)具体的に行きたい場所とかはないん?

佐藤)具体的に考えてへんねんけど、タイとかそういうところかな。

森山)いいね!俺は海外旅行とか言ったことないんだけど、お兄ちゃんにタイの友達がたくさんいてよく遊びに行ってて、タイのお土産とかめっちゃ持ってるよ。タイパンって知ってる?

杉岡・佐藤)タイパン?

(写真参照)

杉岡)あ、それ僕も持ってます(笑)、祖母のお土産でもらいました。

森山)これ夏めっちゃ涼しいよね

杉岡)涼しいです笑、でも僕のは股裂けちゃったんですよね~

森山)サイズが小さいと裂けるよね~(笑)先輩を東京観光に案内したときに履いていって、そこでタイ人に勘違いされてめっちゃ話しかけられたわ。

杉岡)僕ら3人とも東南アジア系の顔なんで、タイパンはいたらタイ人ですね(笑)

 

 

杉岡)次に話題は変わりますが、ついこの間新入生が入ってきましたがアドバイスはありますか?

佐藤)強い人がいっぱいおる筑波大学やから短距離やったらペース速い人はめっちゃペース速くて、それに無理やりついていこうとするとケガしやすい。だから例えば自分でタイム決めたり、ついていくのも大事やけど自分のフォームを試してみたり探ってみたりして自分のペースで競技をやるっていうのはケガしないためにも、記録を伸ばすためにも大事かな。

杉岡)確かにそうやね、森山さん何かありますか?

森山)そうだな~、長距離では監督とのコミュニケ―ションがすごく大事かなと思っていて、僕がプレイングマネージャーとしてやっていることでもあるんだけど、選手と監督がちゃんと話せるようにするみたいな?選手は足痛いとかあまり言いたくないから、僕が選手と話して、監督と相談してメニューを変えてもらったりとかもやってる。でもみんなの状態は把握できてないから、ちゃんと自分で話しに行かないと、監督とコーチとコミュニケーションをとってメニューを変えてもらわないと、ケガしちゃうから、コミュニケーションは大事かなと思う。

杉岡)投擲は基本的に自主練なのでそのあたりのコントロールは比較的しやすいと思うんですけど、頑張りすぎちゃってけがする人が多いように感じますね。

森山)そうだよね~、短距離も自主練みたいな感じなの?

佐藤)やっぱシーズンはいると個人でメニューを考えて、先生と相談しながらやる人が多いですね。

森山)長距離は、そこらへんは他と違うかなって思う。駅伝だから1人が速くても箱根駅伝で勝てないから、全員が速くなるために協力し合って練習もするし、調子のいい選手もいれば、みんなと一緒に走って最後だけあげて自分に合わせた強度にしたり、みんなが練習できるように声かけあったりって感じかな。

 

 

杉岡)最後に今年をどんな1年にしたいかお聞かせください!

森山)去年の箱根予選会で負けちゃって箱根駅伝に出られなくて、今年は何としても行くことがみんなの目標だから、それを達成したい!1年間を考えると10月11日?に予選会があるから、そこで10位以内で通過して1月の本選にいってみんなで笑えたらって思う!

杉岡)箱根駅伝へのキーになることは?

森山)キーになる選手は多いんだけど、けが人0が今長距離の目標で、足並みをそろえて夏合宿を迎えたい!一昨年は故障者が少なくてみんなで頑張れたけど去年は故障者が多かったから今年は「全員で、故障者なしで」がキーかな。

杉岡)めちゃめちゃ応援してます!大洋は?

佐藤)今頑張ってる陸上とか授業とか、新しい趣味とか増やしたくて、あとケガもしないで、とりあえず全部よくしようみたいな?去年はコロナで友達と遊びにくかったりしたけど、それと比べるとできることも増えてきたから、そういうのも含めて笑顔溢れる1年にしたいかな。

杉岡)それに関連して何か始めたことってある?

佐藤)本読み始めた、活字苦手やけど笑。いきなりはとっつきにくいけどお金の本とか小説とか?

杉岡)なるほど。こんな感じで今年1年頑張りましょう!

森山・佐藤)頑張ろう!

 

あとがき

お2人とも話しやすくて楽しい対談となりました。面白い雑談などもあったのですが、編集の都合上割愛させていただきました笑。また以外な共通点があったり、他ブロックの練習の仕方・考え方など深い話ができたりと、貴重なお話を聞けて良かったです。箱根駅伝は、知っている人が走ると正月がもっと楽しくなると思いますし、筑波大学がもっと盛り上がるきっかけになるはずなので、ぜひ出場していただきたいと思います!(杉岡)

 

高橋秀徳(たかはしひでのり)

所属:体育専門学群3年

出身:滋賀・彦根東高校

専門:やり投

 

大塚陸渡(おおつかりくと)

所属:体育専門学群2年

出身:千葉・日体大柏高校

専門:5000m~

 

橋秀徳×塚陸渡×藤柚花

兵藤)今日はよろしくお願いします!昨年はコロナの影響もあって難しい年だったと思うのですが、今年はどんな1年にしていきたいと考えていますか?

高橋)自分たちの思った練習ができず大変なシーズンだったけど、去年のシーズンを通して競技場でみんなと切磋琢磨して練習できるありがたさを身にしみて感じたので、みんなと練習できる環境に感謝しながら自分の目標に向かって努力していきたいと思います!

生活の中心が競技だけなので、趣味とかを見つけてみたいとも思っています。

兵藤)競技にそれだけ集中しているということですよね!大塚君はどうですか?

大塚)コロナで思うように練習ができなかったというのもあるのですが、去年はけがでほとんど走れていなかったので、今年はけがせず練習を積んで結果を出せるようにしたいです!あと、大学に入って高校時代自分がいかに勉強してこなかったかを思い知らされたので、TOEICとかの勉強を始めたいと思っています。

兵藤)わかります・・・。前TOEICのテストを受けて勉強やらなきゃいけないなと思いました(笑)次の質問に移りたいと思います。学年が1つ上がって新入生も入ってきて後輩が増えたと思うので、新入生に向けてのアドバイスとかありますか?高橋さんお願いします!

高橋)一人暮らしになって親元を離れて全部ひとりでやらないといけないから最初慣れるのに時間がかかるし、競技と両立させるのもすごく大変だと思うけど、そういう不安や気になることを先輩に聞くと解決方法が見つかるかなと思う!自分自身も1年生のころは生活に慣れなくて、いろいろなことを先輩に聞いて何とか乗り越えたので、先輩に聞いてみることは大事だと思います。

兵藤)私たち2年生も入学してからオンラインが多くて、対面が始まってきたことで生活がうまくいかなくなることもあったので、聞いてみるのが大事だなと思いました。いろいろ先輩に聞こうと思います(笑)大塚君はどうですか?

大塚)筑波大学には強い先輩がいっぱいいて、その先輩たちに追いつきたいという気持ちで練習を頑張ってしまう人が多いと思うけど、気持ちばかりが先走って故障につながることもあるから、自分のペースでやっていくのが一番だと思う!自分自身も入学時にタイムを持っていたので、それに見合った結果を出さないといけないという思いが強くて、痛みがあっても走って悪化させて長期の離脱になったことが何回もあったし、他の種目もだけど特に長距離は継続してなんぼの世界だと思うから、けがをしないことが大事だと思います。

兵藤)そうですよね!けがをしないのは一番大事ですよね・・・。次が最後の質問です。もうシーズンは始まっているのですが、これからのシーズンに向けての意気込みをお願いします!高橋さんからお願いします。

高橋)今シーズンの目標は日本選手権に出場できる標準記録の75mを投げること、これに尽きます!やっぱり日本選手権は世界で活躍している選手とか日本のトップの選手が集まる日本最高の大会ですし、自分もその舞台に立ってそこで選手のすごさなどを肌で感じたいので、まずはスタートラインに立てるよう標準記録を早く投げられるようにしたいと思います。

まだ自分の記録は68mであと7mくらいあるので現実的には無理かなというのはあるのですが、目標は高く設定して練習していきたいと思います。前半シーズンはちょっと厳しいかなと思うので、日本インカレとかがある後半シーズンで投げられるようにしていきたいと思っています!

兵藤)頑張ってください!応援しています!ありきたりなことしか言えなくてすみません・・・。大塚君お願いします。

大塚)今シーズンの目標は箱根駅伝の予選会を突破して、個人でも日本人ひと桁で予選会を走りたいです。そのあとの箱根駅伝の本戦の1区で区間賞をとりたいと思っています!

兵藤)前回は予選会11位で本当にあと少しだったと思うのですが、今年はどうですか?

大塚)行けると思います!

高橋)いってください!

大塚)頑張ります!そんなに余裕をもって突破できるほど甘くはないと思うのですが、自分自身もチームに貢献して頑張ります!

兵藤)応援しています!今回の対談はこれで終わりになります。ありがとうございました!

 

あとがき

今回は「新年度の始まり」をテーマに対談を行いました。今回の対談で、今年の目標などを聞くことができて、私自身も改めて「始まり」を意識し、気持ちを新たに頑張ろうと思うことができました。それぞれの目標に向かって頑張っている方々と競技場で一緒に練習ができる環境に感謝を忘れずに日々過ごしたいと思います!(兵藤)

 

それぞれの選手が、前向きでワクワクさせてくれるような目標を語ってくれました!

今シーズンの6選手の活躍を楽しみにしながら、チームとしても一致団結して大躍進できる2021年にしていきたいと思います!

次回のリレー対談もお楽しみに!

 

担当:投擲3年 渡邉ももこ

   投擲2年 杉岡瞭磨

   中長2年 兵藤柚花