最新情報

【短距離障害】関東新人 出場選手と見どころ

 9/9~11に京都で行われた日本インカレにて、筑波大学は男子リレー2冠を達成するなど大躍進を果たしました。その興奮冷めやらぬ中、9/17~19の3日間、神奈川県は相模原ギオンスタジアム・ギオンフィールドにて、第33回関東学生新人陸上競技選手権大会 兼 関東学生リレー競技会(関東新人)が開催されます。

 関東新人はリレー種目を除き、標準記録を突破した1,2年生のみが出場可能な大会です。筑波大学の次代を担う選手が多くエントリーしており、各対校戦とは違った見応えがあります。インカレで躍進を見せた今年、「今後数年筑波大学には手が出せない」と言われてやろうと、選手たちは鼻息を荒くしながら最後の調整に取り組んでいます。今回はそんな闘志を燃やす短距離障害ブロックの選手たちを、見どころとともに紹介していきます。

 


 

◆男子100m

柾木拓(体育2)  2組7レーン

井澤真(体育2)  3組2レーン

先本貴一朗(体育1)5組6レーン

 

 日本インカレ男子走幅跳に出場した柾木がエントリー。PBは昨春マークした10.48と本職選手に全く引けを取らない。1年のリハビリを経て今季トラックに帰ってきたU 18日本選手権200mチャンピオンの井澤は、関東インカレ直後にレースに復帰すると徐々に調子を上げ、8月には10.64をマーク。滑り込みで今大会の出場権を得た。PBの10.42に迫る走り、更には同校出身のライバルとの激突にも期待。今季PBに迫る先本にも、殻を破って高速レースを戦い抜くポテンシャルがある。1年生の急成長に期待だ。

 

ゴールデングランプリ2020ぶりに今季復帰の井澤

 

 

◆女子100m

田中里菜(体育1) 7組7レーン

 

◆女子200m

田中里菜(体育1) 2組3レーン

 

 田中は今大会、短距離障害ブロック女子唯一の個人種目出場者。1年生ながらさまざまな大会でタフにレースを重ね、関東インカレ帯同など貴重な経験を積んでいる。ここで成長を見せ、少数精鋭の女子短距離パートに新戦力として名乗りを上げたい。

 

 

 

◆男子200m

先本貴一朗(体育1)5組6レーン

 

 個人2種目のエントリーは男子ブロック唯一。今季200mの出場は少なく調子は上向いていないが、やはり急成長を期待させるのがこの大会、期待の1年生。コーチ陣も認めるそのポテンシャルを発揮できるか。

 

 

◆男子400m

古澤慎也(体育2) 2組6レーン

中川祐哉(体育2) 5組3レーン

 

 古澤は昨大会でPBを0.5秒近く更新し、4位入賞。中川も今季PBを0.55秒更新する急成長を見せている。両者のPBは古澤:47.88、中川:47.86と拮抗しており、直接対決となればその勝敗は読めない。先日の日本インカレを制覇したマイルチームの中で、補欠として何度も苦汁をなめてきた2人が進化を見せられるか。関東インカレA標準(47.80)への挑戦にも注目。

 

左から中川・古澤

 

◆男子110mH

太刀川慧(生命1) 3組6レーン

曽我部隆伍(芸術2)5組8レーン

丸山壮(体育2)  6組5レーン

 

 全員が関東インカレA標準を突破し、今夏の全カレ出場枠争いでも大激戦を演じた障害パートから3人がエントリー。丸山は昨年大会で6位。昨季後半から順調にタイムを伸ばし、全カレ出場を勝ち取ると、地元京都でもPBの快走を見せた。曽我部も今季6戦連続でPBを更新し、激しい全カレ出場枠争いの中心となった存在。今度は彼が、慣れ親しんだ地元での好レースを演じる。今季タフにレースを重ねてきている太刀川も、群雄割拠の障害パートで鍛錬を積み、十分に爆発力を備えている。

 

左から丸山・曽我部

 

 

◆女子4×400mリレー

筑波大学 2組4レーン

 

 エントリー名簿のほとんどが1年生のフレッシュなチームで挑む。大学マイルの経験が少ない選手が並ぶ中、新星は現れるか。

 

◆男子4×100mリレー

筑波大学 6組7レーン

 

 この4継チームが、間違いなく最も気合の入っているメンバーだろう。今季スプリントで急成長を見せている曽我部や上り調子の井澤ら、その層は厚い。全カレ制覇の勢いを借りて、役者揃いのフレッシュなチームがハイレベルなレースを展開する。

 

 

◆男子4×400mリレー

筑波大学 4組4レーン

 

 今季初めての48秒台を記録するなど成長著しい3年生の竹尾がエントリー。中川、古澤の今季好調二枚看板とともにチームを押し上げ、A決勝進出、上位入賞を目指す。

 

昨季からPBを0.5秒以上更新し48秒台に突入した竹尾(理工3)

 

 

「チームとしての強さ」を知らしめるために。

───先輩ばかりに頼っていられない。次は俺たちの番だ。

 

タイムテーブルはこちら

【公式Twitterはこちら】

 

#醒めて起て のハッシュタグとともに、選手へのご声援をよろしくお願い致します!

 

文責:短距離障害ブロック2年 古澤慎也