最新情報ブログ十人桐色

【十人桐色】#20 関東インカレ特集!

皆さんこんにちは。今回、月ごとトピックを担当します、短距離障害ブロック2年の酒井寛之です。

今回は、『関東インカレ特集』です!!

いよいよ来週に迫った関東インカレに出場する注目選手にインタビューを行いました。

ピックアップした選手は、菅野航平(短距離1)、堤洸太郎(投擲2)、中谷桐子(中距離4)、橋本梨沙(跳躍4)の4人です。

各選手にそれぞれの注目ポイントも答えていただきました。

 

是非、最後までご覧ください!

 

 

西山那×太郎

堤洸太郎 (つつみ こうたろう

体育2/愛知・瑞陵/投擲・やり投げ

出場種目:やり投げ

自分のココをみて!:愛知が産んだメルヘンやり投げプリンス

 

こんにちは。投擲ブロック2年の西山藍那です。昨年の関東インカレで一年生ながら優勝を果たした堤洸太郎を取材しました。投擲ブロック2年生同士の同期らしくゆるい対話になっておりますがどうぞお付き合いください。

 

〜昨年の関東インカレを振り返って〜

西山) 今回、昨年の関東インカレチャンピオンということで洸太郎にインタビューさせてもらうんだけども、まず、去年のインカレについて聞こうかな。去年はいくつの記録で優勝したんだっけ?

堤) えっとね、63m99でごあす。

西山) 笑笑。それは自己ベストじゃないもんね。

堤) 自己ベストは69m19!

西山) そうか!去年の関東インカレって確かすごい雨だったよね?去年はどんな感じだったの?

堤) 雨ですごいやりが濡れちゃって、一本だけみんなが練習投擲で使ってないやりがあって、それが奇跡的に濡れてなくて、そのやりを使って一本目投げたらそこそことんだって感じだね。

西山) 雨だけど一本目でいつも通りの投げができたって感じかな?

堤) そうだね、だから去年は優勝してもちろん嬉しい気持ちはあったけど、びっくりっていう気持ちが強かったね。北島康介選手の「超気持チィー」って感じではなかったね。

 

〜初めて筑波での冬期を経験して〜

西山) 私たちは、去年一年生で初めて筑波で冬期を経験したわけだけど、何か今までと違ったこととかある?

堤) これね、言いたかったことがあるのよ。僕はね、9月くらいから砲丸投げの宮崎悠介(投擲2年)と体重勝負をしていたんだけど、初めは二人とも73kgくらいだったんだけど、それが今年のシーズンインには僕が85.8kgで、宮崎が89.1kgまで増やすことができて、それが一番大きなことかな。

西山) 確かに、投擲選手としては体重の増加は大きいことだよね。それで、投げとか走りとか変わったりした?

堤) それがね、走りとジャンプがちょっとだけ落ちてしまって…その分ウエイトはあがるようになったよね。あとは、周りにウエイトが強い人が多くて、それが刺激になってウエイトやろう!って思わされたよね。

西山) なるほどね!投げに関しては何か変わったところはある?

堤) 投げに関しては今までは、パワーもスピードもあまりなくて腕のしなりをうまく使って投げれているねとよく言われていたんだけど、今年は体重が増えたことによって、若干パワーよりの投げができるようになったかな。だからこのパワーを維持して今までの自分の得意なところも活かせたらいいかな。

 

〜今年の関東インカレを迎えるにあたって〜

西山) もうすぐ関カレが始まるけど、去年と今年の気持ちの違いはある?

堤) 去年はコロナのこともあったし、よくわかっていなくて「関カレに出る!」っていう感じはあまりしなかったかな。でも、今年は選考会のレベルもすごく高くて関カレに出たい!っていう気持ちが去年よりも強いと思う。だからモチベーションは間違いなく去年より高い!

西山) それはすごく良いことだね!じゃあ、それを踏まえた上での今年の関カレはどう?気持ちの面でも記録の面でも技術の面でも!

堤) 優勝者としてのプレッシャーは特に感じてないかな。とにかく伸び伸びと自分らしい投げをしたい!

西山) 具体的な記録の目標はある?

堤) 気負わずにいきたいから、あまり決めつけないけど、この関カレか、その後の個人選手権で自己ベストの70mを投げたいな。

西山) 技術的にはどう?

堤) 一投目に投げるのは得意なんだけど、記録を伸ばしていくのが苦手で、この前の競技会(筑3)の時はほとんどの投擲で記録を伸ばせて、やり投楽しい!!って思えたから、関カレは自分の得意な一投目を大切にしつつ、記録を伸ばして行けたらいいな。

西山) 一投目ってすごく大切だよね。

堤) あとはね、関カレは梅雨の季節なんでね、僕は割と雨好きだからどんな天候でもどんとこい!!

西山) どんな天候でもどんとこい!堤洸太郎です!って感じだね。笑

   今年の関カレもイレギュラーな状況ではあるけれども、お互い頑張りましょう!今日はありがとう!!

堤) 頑張ろう!ありがとう!

 

あとがき)関カレは対校戦のため、人のため、チームのために戦うという想いが先走ってしまいがちですが、彼を見ていると、自分のために陸上を単純に楽しむという原点を思い出させてくれます。きっと彼なら昨年度関カレチャンピオンのプレッシャーを跳ね除けて、彼らしい投擲を見せてくれるでしょう。今年の関カレも堤をはじめ、投擲ブロックの力強い投擲に是非、ご注目いただけたらと思います。

 

 

アヒンバレ・ティナ×橋本

橋本梨沙 (はしもと りさ)

体育4/千葉・幕張総合/跳躍・三段跳

出場種目:三段跳

自分のココをみて!:超絶美脚から生まれる華麗なるホップステップジャンプ

 

アヒンバレ)まずは、関東インカレ出場決定おめでとうございます。

橋本)ありがとうございます。

◯4月始めにコロナ関連で2週間もの活動自粛を余儀なくされていたけど、今の調子はどうですか?

橋本)正直、調子が戻って来たかと言われたらまだ戻って来てはないし、前ベスト出たと時と比べたら半分ぐらいしかパーセンテージ出せてないんじゃないかなと思う。でも、それでも諦めていないっていうか、自分なりに楽しんで競技をやろうって気持ちが今は大きいかな。なんといってもラストイヤーだしね。

アヒンバレ)自分達4年生にとっては最後の関東インカレになりますが、どういう思いがありますか?

橋本)ウチにとって関カレは、なんだかんだ何とかなってきた試合なんだけど、桐子(跳躍4年)と表彰台に乗るっていうのがまだ関カレも全カレも出来てなくて。だから、最後になるわけだし、そこの目標は諦めたくない。どんなに調子が悪くても諦めちゃいけない部分だなって思ってる。

アヒンバレ)素敵な目標やね。2人の表彰台が楽しみやわ。

◯関東インカレまであと2週間になったけど、ここからはどんな練習をしていきますか?

橋本)コロナの自粛期間があったっていうのもあるけど、今走れてなくて。でも逆に、走れれば跳べるはずだから、取り合えず跳ぶことよりも走ることに重点を置いて練習して行こうかなって思ってる。

アヒンバレ)今のリサにとっては走れることが重要な感じなんかな。

橋本)うん、そう。踏み切っちゃえば、もう跳べるっていう自信はあるから、走りさえ何とかなれば、みたいな感じかな。

◯最後に、関東インカレに向けての意気込みをお願いします。

橋本)やっぱり最後のインカレだし、私が去年浅井さん(昨年度女子副主将、昨年の全カレにて走高跳で優勝)の跳躍を見て勇気を貰ったように、後輩に勇気を与えられるような跳躍が出来るように頑張ります。

 

<箸休めコーナー!!!教えてリサちゃん☆>

アヒンバレ)ティナ的陸部の中でスタイルいい人No.1はリサなんやけど、ズバリそのスタイルを保つ秘訣は何でしょうか?皆にも教えてあげてください。

橋本)スタイルいいって言ってくれるじゃん?でもね、2月ぐらいはめっちゃ太ってたんだよ!

アヒンバレ)え、太ってる時期あった??

橋本)あったよ!でも、うーん。スタイルキープの秘訣だよね(笑)やっぱり、低糖質・高タンパク質・低脂質の食生活…かな(笑)

アヒンバレ)これをきちんと行えばリサみたいなスタイルになれるかも?しれないってことでよろしいですか?

橋本)はい。なれるかも知れないですね(笑)

アヒンバレ)じゃあ私も投擲やめたら試してみます(笑)

アヒンバレ)では、インタビューは以上となります。貴重な話をありがとうね。

橋本)うん、ありがとう。

 

 

酒井之×菅野

菅野航平 (かんの こうへい)

体育1/宮城・仙台第一/短距離障害・400m

出場種目:400mH/4×400mリレー

自分のココをみて!:5台目からの加速を見て欲しいです!!

 

酒井)関カレ初出場になる、1年生代表として航平をインタビューしていきたいと思います。よろしくお願いします。

菅野)よろしくお願いします。

 

◯関東インカレについて、どういうイメージを持ってる?

菅野)中学校や高校までだと、自分の場合は東北大会だったりっていうブロック大会があるんですけど、そういうところではそこまで緊張はしなかったんですけど、大学で関東のブロックで戦うのは、すごくレベルも高くて、ブロックだけなのにすごく強い相手と戦えるというイメージがあります。そういう人たちといきなりブロックで戦えるんだなっていう、昂った気持ちもあるし、緊張もしています。

酒井)大学から強い選手は関東に多く集まるから、高校までとは比べ物にならないくらいハイレベルになってるよね。

 

◯青桐を着ることについてはどう?

菅野)高校の時からかっこいいと思っていたユニフォームなので、出場して着て走れるということにまず感謝をして、代表としてしっかり走っていきたいなと思います。

 

◯今回の関カレは、どういう大会にしていきたい?

菅野)筑波の代表として初めて対抗戦を走るので、そこでしっかり貢献して、自分も筑波大学陸上競技部の一員なんだっていうところを肝に銘じていきたいなと思います。

 

◯最後に関東インカレに向けての意気込みをお願いします。

菅野)マイルは優勝して、400m Hでは3位以内に入ることができるように頑張ります。

酒井)頼もしい。。目標タイムとかはある?

菅野)400m Hでは50 .30を切ること、マイルではチームとしては3分8秒を切ること、個人のラップタイムでは47.0で走ることが目標です。

酒井)航平なら大丈夫だよ!応援してます。

菅野)400mHで勝つのは結構きついんですけど、3番以内に入るのはまだ射程圏内だと思います!

酒井)期待してる!

菅野)他の大学には俺よりレベル高い人いっぱいいるんで、頑張っていきたいです。

酒井)現地にはいけないから、筑波から応援してるね。

 

酒井)インタビューは以上です。貴重な時間をありがとう!

菅野)ありがとうございました!

 

あとがき)短い時間でしたが、航平なら何かやってくれる、そう感じた対談となりました。関東インカレでは、1年生らしからぬ走りで、個人でもマイルでも大暴れしてきて欲しいなと思います。菅野をはじめ、短距離障害ブロックからも多くの選手が出場します。好走にご期待ください!!

 

 

綾野優×中谷

中谷桐子 (なかや きりこ)

体育4/静岡・磐田南/中距離・800m

出場種目:800m/4×400mリレー

自分のココをみて!:4年間で最も焼けていないであろう私😇

 

綾野)よろしくお願いします!

中谷)よろしくお願いします!

 

〈今の心境・コンディション〉

綾野)関東インカレまであと少しですが、今の心境やコンディションはどうですか?

中谷)意外と緊張はしてなくて、就活とか教育実習とかをやりながら、その一環として試合があるって感じかな。大変なことがあるなかでの“息抜き”として、陸上を楽しんでやってるね。そういう意味でも、緊張とかプレッシャーっていうよりも楽しさの方が強いと思う!

綾野)すごい!ワクワクのほうが強いんですね!

中谷)そうだね。3年生(去年)の冬季は結構練習が積めたのもあるし、失うものは何もない!あとは思い切っていこう!っていう感じだね。

綾野)なるほど。ありがとうございます!

次の質問に行きたいと思います!

 

〈去年の無観客試合で感じたこと〉

綾野)今年の関カレも無観客開催ですが、去年の無観客開催での試合で感じたことがあれば教えてください。

中谷)去年の関カレかな、ほんとに応援が全くなかったんだけど、すごくシーンとした“無”の中でやらなきゃいけなかったね。逆に自分の世界で集中してやれるっていうのもあったけど、その分沸き立つような応援がなくて寂しかったね。逆に自分もみんなを思いっきり応援できないっていうのも複雑だったね。

綾野)800mのラストスパートとか特に応援があるとうれしいですよね(笑)

中谷)そうそう!!あとは選手紹介の時も、いつもなら応援の人が名前を呼んで応援してくれるんだけど、去年はそれがなかったのが寂しかったね。

綾野)そうですよね。やっぱり応援は力になりますよね!

中谷)ほんとそうだね!

綾野)ありがとうございます!では次の質問に行きたいと思います。

 

〈試合当日のルーティーン〉

綾野)試合当日にしていることとか、勝負飯とかありますか?ルーティーン的な!

中谷)私は食べたいものを先に食べてから試合に臨むかな。

綾野)試合後じゃなくて、先に食べるんですね!

中谷)そうそう。この前の試合でも牛乳プリン食べてから試合出たんだけど、とってもおいしかったし意外と走れたから、これからもルーティーンとして食べていこうって思ったの(笑)

綾野)そうなんですね!(笑) 試合前においしいものを食べてやる気アップしてるんですね!

中谷)うん!あと最近はTWICEの曲を聴いてテンションを上げて走ってる!

綾野)おお~!音楽聞くと元気でますよね!私も最近音楽聞いてテンション上げてます!

   関カレでも音楽聞いてテンション上げていきましょう!では最後の質問です。

 

〈関東インカレの個人の目標・意気込み〉

綾野)では最後に、関カレでの目標と、意気込みをお願いします!

中谷)個人の目標は、800mとマイルに出場させてもらうので、800mは入賞することマイルは筑波大学が決勝に進出して得点をとれるように貢献したい、っていうのが目標だね。去年の関カレでは800mで入賞できたんだけど、自分の中でその結果に満足できない、納得できない部分があったんだよね。コロナ禍で色々特例だったし、運がよかったのかな、とか思ったりもしたね。それもあって、今年は自分がちゃんと納得できるような1年にしたいし、その結果で戦っていきたいかな。あとは、筑波大学は800m強いんだぞって思ってもらえるような走りをしたい!

綾野)めちゃくちゃ応援します!!桐子さんならきっと大丈夫です!!今日はありがとうございました。

 

【対談を終えて】今回の対談で、桐子さんが陸上を「楽しんで」やっているのだなと改めて感じたし、最後の関東インカレに向けた熱い思いがひしひしと伝わってきて桐子さんへの憧れがさらに強くなりました!関東インカレでの活躍を期待しています!皆さん、800mとマイルの結果速報をお見逃しなく!!

 

 

以上となります。

多くの選手が出場する関東インカレ。筑波大学の活躍にご期待ください!!